FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢日記5

2008/05/29 02:32 - | Comment:0 | Trackback:0
数日前に見た夢で忘れられないもの。


 親戚と性行為を持った夢。 

  確かに私は昔、彼のことが好きだったけど、自分がコントロール出来なくなるのが怖くて
  ある時期からそういう感情は持たないことにしていた。
 
  ちなみに、彼と私に血のつながりはない。
  彼は私が予備校生だったかの頃に結婚しているし、最近子供も生まれている。

  
  夢の中で彼が言っていた「そんなんじゃ○○○自己規制)」って言葉は
  よく考えたら元恋人に言われた言葉じゃん、てことに気づいて、少しゲンナリw

  これだけハッキリと最初から最後まで性行為、って夢は多分初めてだと思う。
  夢の内容が薄れていくのがちょっと寂しい(ぇ
  でも、夢を見た事実は多分一生忘れないと思う。 
スポンサーサイト

夢日記4

2008/05/22 20:53 - | Comment:0 | Trackback:0
目が覚めた瞬間、忘れないようにケータイに書き留め、二度寝。

さっき読んでみたら、意味不明な文章でビックリw
でもそのまま載せてみる(ぇ

 ・フライパンを武器として買う。社長が値引き。ろーるぷれいんぐ
 ・非正規でやとう面接

  フライパンを武器として買ったのは何となく覚えてて、
  ロールプレイングっぽかったのも何となく分かる・・・けど社長?w
  

 フライパンは、アニメっぽいかわいい感じのもので、
 列をなして中に浮いたフライパンに、値段表示のようなものがこれまた浮かんでて。
 どんどん値段表示が交渉をしていくうちに下がっていく感じだった。
 で、多分値引いてるのが社長なんだろうw

  非正規で雇う面接ってのは、さっぱり分からんw


 で、二度寝した後の夢

  ・シャクパーの某後輩(らしき人)がやめていってしまう夢。
   何か話をしていた時に、「○○は吹けないですねー」とかって話を彼がしてて
   その後急に彼が去っていくシーンになって、呆然としてた。
   彼の台詞がやめるぐらい重要なものじゃなかったはずなのにどうしてだろうと
   ショックを受けていた気がする。

  ・従姉と弟(小さかった頃の)が出てきて、実家のリビングで何かしてる。
   見ると、編みぐるみみたいなもので、地球になってたり、街が出来てたりして
   従姉がつくったんだってことを知ってびっくりした。何でも出来るんだなって思った。
   でも、二人とも目が据わっているというか、寄りつけない雰囲気を感じた。

 

夢日記3

2008/05/20 22:18 - | Comment:0 | Trackback:0
すごく気になる話だったのに、書く頃には忘れちゃう。
やっぱり、二度寝を諦めてその場で書くことにしようかな・・・

 覚えてるのが、ショッピングモールみたいな場所の店先で
 新商品とか、人気商品とかの試食会?だったり展示会だったりをやっていて
 そこに私がやって来て、ソフトクリームが食べられるコーナーがあるのを見つける。

 並んで自分もカップを差し出すと、お店の人が申し訳なさそうな顔で
 「お客様、申し訳ないのですが、引換券がないと・・・」という。
 「あ、そうなんですか・・・」
 「・・・でも、大丈夫です、持って行って下さい」と言われ、受け取ろうか迷う。


  あれ?w
  コーヒーの話はどこに繋がるんだろう。。もしかしたらこうだったかも。

 引換券がないと・・・と言われ、コーヒーを他のコーナーでもらって来れば
 その上にのせることが出来ます。とか言われた記憶がある。

 ので、そこで迷ってたのかもしれない。
 とにかく、私はコーヒーが飲めなくて迷っていて、でも結局もらいに行って
 歩いているところで記憶はおしまい。

  
  引換券は、この前のI田先生の演習の代わりに聞きに行くことになっていたらしい
  某作家さんの講演会(コンサート?)に引換券がないと行けないので
  前回やっとこさ彼の演習に顔を出した私は引換券を持っているハズがなく
  君は・・・あら・・・もうチケット売り切れてるし、ダメかも知れないねぇ・・・・
  的なコトを言われて「やった!!演習ナシだ!」って気持ちと
  「何か気まずく思われるのは嫌だなぁ」って思ってたことと関係がある?

  あ、ちなみに演習の単位は取れてるから、問題ないデスよ?!(弁解
  卒論を書く過程で、指導教官の演習には顔を出すようにって言われてるだけで。
  って、やっぱり出た方がいいんじゃん(爆

  まぁ、正指導教官の方の演習には毎回参加してるから差ほど問題はないハズ!

臨時パー練

2008/05/20 22:00 - | Comment:0 | Trackback:0
今週は土曜日にパー練が出来ないので、今日の5コマにやりました。

団体曲の方の全体練が6時半~だったので、その前にということで。
というわけで、曲の内容も団体曲オンリーで行きました。

コンダクターさんに強弱記号の指示を細かくもらったらしいので
それに忠実に練習。

<気づいたこと>

・強弱記号を付けた上での、ブレスの位置を確認する

・フォルテ系よりも、ピアノ系の方が難しいらしい
 ・・・音を弱く出そうとするといつもより、口の筋肉を使うんだと思う

・mpにしても、遅れないように練習する

・fpとアクセントの違いを出せずに一人でこっそり凹む

・音ののばし加減が一人一人バラバラなのを指摘する

・クレッシェンド・デクレッシェンドでピッチが揺れるのを指摘する


 全体練は、何故か眠くて気が重かったので、風邪を理由に出ずに帰って来た。
 

夢日記2

2008/05/20 00:01 - | Comment:0 | Trackback:0
3つぐらい夢を見たハズなのに、どれも全てうろ覚え(。、

割とリアルな感じの(実際に現実と区別つかなくなりそうな感じの)夢が混じってました。


 一番覚えてるのは、サークルの後輩達と抱擁してる夢。
 実際にくっついて甘えたりすることが多い子たちだけど、普段抱擁はあまりない。
 現部長の子に対して、私がすごく心を開いた発言をしたら
 「ありがとうございます~、でも私本当は○○○なんですよ」と照れと卑下との入り交じった
 ような告白をされた。その子は白いナイロンの服で床で丸まっている状態だった。

 あとは、誰にだかは忘れたけど、私が後輩にコアラみたいに抱きついていた。
 抱きついている自分が見えるんだから、第三者的視点だったんだと思うけど。
 
 黄緑色の服?というか布をまとった人と抱擁しているところで目が覚めた。


  何だろコレ。
  欲求不満?w
 
 

私の頭の中

2008/05/18 00:33 - | Comment:0 | Trackback:0
今考えてること

 ・のど痛い(酒飲むとノド痛くなって、風邪につながるのは気のせいだろうか)

 ・バイトのシフトが埋まらないー、早く連絡返ってこないと困るー↓
  のっこサンはバイトの連絡&シフト調整を任されています

 ・明日のイベント反省会が憂鬱だ(誰も行く人いないってどういうことだ
  のっこサンは形式上、そのサークルの活動からは引退しています


 ・明日、友達がちゃんと市立図書館まで来てくれるだろうか心配だ(連絡ない)


 ・将来どうやって生きていこう(急にテーマが重いよw)
  ・臨床心理士はやはり不安定な職らしい

  ・LGBT関係でカウンセリングをやっているのは個人経営が多いらしい
  ・男女共生系のセンターの求人は、やっぱり既に働いた経験を求められるんだね

  ・産業カウンセラーは今から受講しても、来年の10月までかかるらしい
   (金も相当かかるらしい)

  ・就活が滞っているけど、どの分野に手を出すか改めて考え直さねば
   (社会人入学で院に入るなら、医療福祉系がいいのか?!医療事務か?!)


 ・薄々気づいてたけど、
  私って、壊滅的に会話が下手だと思う(何ですかいきなり
  

 ・何かを表現するには、思い入れがなければならないと思う
  でも、目に見えないものに固執するからパー練上手く行かないんだよ(自虐

 ・自分の体裁を守るために、人を嘲るのは良くない
  と思うんだけど、最近の私は保身に走りすぎている気がする

 ・心を開くってどういうことなんだ
  プライドを全部捨て去ってサービス精神を持てば、会話は上手く行くのか?

 ・卒論の本読まなきゃ・・・

 ・最近、自分寝過ぎ

 ・最近自分食べ過ぎ(お菓子を)

10日と17日のパー練

2008/05/18 00:02 - | Comment:0 | Trackback:0
◇10日

 三団体を中心に
  ・ピッチのズレを細かく指摘する
   特にメロディーラインになるところはずれないように言う

  ・カゼニナリタイの16分でやりにくいところの練習
   ・・・落としたテンポから徐々に上げて行く


◇17日(全体練で某OBさんが指導に来て下さった日)

 単独曲中心
  ・テンポが急に上がったので、コトパーとあらためて、リットの確認

  ・曲の4分の3ぐらいまで指示する
  (もっと絞って練習してもよかったかも。特に後半)

  ・OBさんがブレスがきたないと指摘して言ったので
   それを特に強調して練習する

  ・曲想について、細かい指示を出す
  (「しかく1」のイメージを聞くと、それぞれ「嵐の前の静けさ」「霧雨」「夜明け」
   指示としては「音の細心の注意を払って」「最後まで伸ばしきる」等)

   正直、どう教えればなめらかな感じになるのか分からない。

  ・くれっしぇんどのピッチが上がらないように注意する

  ・笹吹き等の指示を細かく出して、抑揚をつけるように指示してみる
  (コンダクターさんにきいてもらったら「分かりにくい」とのことだった
  結局、自分でもハッキリしないので、一応指示したままで終わる)

 

夢日記 1

2008/05/09 18:59 - | Comment:0 | Trackback:0
突然だけど、夢日記をつけようと思います

ちりも積もればきっと何かの役に立つ・・・気がするw


・・・といいつつ、起きてから9時間近く経過してしまったため、
もうほとんど覚えてなかったりして


記憶に残ってるのが、
マッチョの男性が出てきてて、私はその人に恋をして(もしくは最初から)
付き合っていたってこと。

その人の胸の中で、何かすごく幸せだったってこと。

すごく広い銭湯を、何か(誰か)を探して、走り回ったってこと。

 前にも、何かを探し回るような夢を見ました。その時は空港らしきところの
 エスカレーターとか階段とかをひたすら昇ったり降りたりしてました。


あと、起きた時に、悲しい気分だった、もしくはなった(気がする)ってこと。


  抱きしめるとか、付き合うとかってのは、
  多分その日の移動中&寝る前に読んだ本の影響だと思う。

  それにしても、私、マッチョ好きなわけじゃないと思うんだけどなぁ。。

あの頃の私。今の私。

2008/05/08 23:43 - | Comment:0 | Trackback:0
小学生ぐらいまでは、獣医さんになりたいと思っていた。
意志の通じない未知数の生き物に対する、畏怖心と好奇心。
相手を知り尽くしたいという欲望、命を守り、痛みから解放してあげたいという使命感。


高校時代は、精神科医かカウンセラーになりたいと思っていた。
自分は特別な人間だと思っていた。
肉体や物質を極度に軽視し、心や精神を過剰に重視していた時期だった。

 同年代の間で流行ったファッション、遊び、スポット、言葉にも興味がなかった。
 そんなものに執着するもんか、自分は染まるもんかと固く心に決めていた。
 同年代のコから見れば、所謂「ダサくて、絡みづらい奴」だったし、
 大人から見ても「あか抜けない、天の邪鬼の子」だったんだと思う。
 

 カウンターカルチャーへの抵抗感が、そうさせていたのではないかと思う。
 高校生になっても、私はまだ、父が怖かった。
 父が「そういう格好をするのはくだらない」とか直接言っていた訳ではない。
 私自身の中に埋め込まれた規範としての目が、メインカルチャーから
 逸脱しようとするのを阻止していたのだと思う。

 イイ子をやめることは、私にとって恐怖だった。
 フィクションの視線が産みだしたイイ子。


 
 私が正真正銘のイイ子でなかったのは、
 コミュニケーションが上手く取れなかった点だと思う。
 周囲とコミュニケーションを取りながら良好な関係を気づくという行為。
 それが私には決定的に欠けていた。
 欠けていると気づいていながら認めることが出来なかった。
 
 私が期待されつつも応えられなかった部分。
 円滑なコミュニケーション、明朗な自己表現、持続的な自己管理。


 
 なぜ、出来なかったのかには、多分いくつか理由がある。
 遺伝的要因、体質、気質。 

 その中でも、自身をがんじがらめに縛っていたのが
 自己保身の意識、自尊心だったと思う。
 失敗が怖くて、傷つくのが怖くて、変わり者を演じていた部分があった。
 
 「何かが欠けていて、人より劣っている自分。
  そんな自分が、人と同じような振る舞いをしたら、きっと滑稽に映るはずだ。
  あまりにも屈辱的で耐えられない。変わり者として生きるしかない。」

 にわとりが先か、卵が先か、みたいな話で
 自分の意志で他人の目の前に立ち現れる自分という存在(一種の表象)に対して
 自信を持てなかった結果、
 表象されない部分としての精神に、興味が傾いていったとも言える。



精神の部分に理解を示せる自分は、周囲とはひと味違う存在だと思っていた。
だから、カウンセラーに対しても、人一倍興味を抱いていたのだと思う。


高校時代の心に対する執着を経て、予備校でのブランクがあって
大学では、もう、精神を過剰評価するのはやめようと思った。

周囲と同じ土俵で勝負しなければ、私はいつまでも孤立したままで、
親密な関係は築けないしそれは私の人生にとって不利なことで、つまらないし、
寂しく哀しいことなのだと気づいた。

それと同時に、
今まで、心理の世界に過度に興味を持ってきた自分に対する嫌悪感や
現に、心の世界に暮らしている人たち
(・・・語弊があるかもしれない。
   精神的な生きづらさを感じる人全員が、精神重視な訳ではないだろうから)

に対する、一種の警戒心のようなものが植え付けられたように思う。
だから今
カウンセラーという職業に対して、以前程湧き上がる憧れというものはないし
選択しうる職業の一つでしかなくなったのだと思う。


そこで、カウンセラーという職業を選んで生きていくという必然性はどこにあるのか。
これをハッキリさせないと、その先に進めない。

 今日、卒論主査の先生に話を聞いてきた。
 私が想定していなかった問題
 ・・・就職先を選ぶ上で、院と関連づけて選ぶ必要があるかもしれないという事実
 ・・・社会人入学というのは、意外に厳しいものらしい(仕事と院の両立)
 ・・・カウンセラーとして働く場所が確保されていない可能性
 ・・・経済的・社会的に不安定な地位にあっても、やりとげられるかという覚悟


  など。


 ので、某課程の先生にもやっぱり話を聞いてみなきゃいけないということになった。
 それまでに私の意志も固めなきゃいけない。

鬱の素

2008/05/06 22:47 - | Comment:0 | Trackback:0
就活が上手く行かない。

挙げ句の果てには、カウンセラーになりたいとか言い出す始末。

背中を押して欲しくても、そんなことを言ってもらえるはずもない訳で。

民間の就活に行き詰まって逃げているようにしか見えないってことだろう。

脈絡もなくそんなことを言い出すから、計画性がないように映るんだろう。

実際、無計画だからこういうことになる訳で。 

もっと早い時点で決心してれば、急にこんなこと言い出すはずもない訳で。


 カウンセラーを目指している、某課程の知り合いに、メールで話を聞いてみた。

 院試を受けるには 院で研究する予定のもの 書き記す必要があるんだって。

 私は某課程の人間じゃないから、卒論も某課程の院に見合うものでもないし、

 難しいんじゃないかなって。

 転課程するか、社会人枠を利用するかの方がいいと思うって。

 とりあえず、先生に相談してみた方がいいよ、って。


彼の言っていることは、すごく、もっともだと思う。

先生にも早く相談しなきゃいけないんだけど、

気乗りしないのは、きっと、今慌てて動く類のものではないのに、その流れに逆らって

自分がワガママなことをしている、自業自得なのに悪あがきしている、からじゃないかな。

みんなが否定しているのは、私がカウンセラーになること、自体ではなくて

もっと別のものに対して、なんじゃないかな。

例えば、「衝動的な行動」に対する否定。

計画性のない行為について。 動機が不純、もしくは不明瞭であることについて。


それに対して、私は悔しいことに、反論できない。

全く持ってその通りなんだ。

物事を進めるには、しかるべきプロセスを踏まなきゃいけないんだ。

目標を達成するためには、それに必要な準備を前もって行わなければならないし

サポートを受けるためにも、しかるべき手順を踏んでいることが必要なんだ。

自分の状況が不利に転じたからって、都合の良いように流れる訳にはいかないんだ。



就活の選択肢として、カウンセラーという枠をつくるのはやめよう。

もっとしっかり考えて、どうしても実現したいものならば、社会人枠を利用することにしよう。

先生には「社会人枠」ってやつを、本当に私が利用出来るのか、という点で確認しに行こう。


 きっと、頑張る目標がハッキリすれば、もう一度、就活頑張れるんじゃないかな。

 最近、就活が上手く行かなくて、卒論も上手く行かなくて、すごく良くないと思う訳で。

 お前は中学生か!!ってぐらい、自分の心情と、

 周囲への対応の切り替えが出来てない訳で。

 周囲の人間に、私が今まで大事にしてきたはずの人たちに、不機嫌な態度を取って

 嫌な感じになるのも嫌だし、自分がこれほど器の小さい人間だって自覚するのも嫌だ。

 早く、このやなループを抜け出さねばなるまいよ。

 
 あと、関係ないけど、言い訳癖を治したい。

 自分に都合が悪くなると、のらりくらり言い訳してしまう悪い癖。

 嫌だなって思うのに、なかなか変えられない。

 でも、社会人になるのに、そりゃまずいだろ。

 早いトコ、脊髄反射から、大脳を介在した行為に切り替えなきゃなるまい。

 どうしよう。 

 ちょっと、せんせいに連絡を取ってみようかな、って思ってる。

 どっちにしろ、変えなきゃいけないのは私だから、せんせいに話したところで

 やっぱり何か違うってことになりそうな気もするから、迷っているけども。

 以後、気をつけて行動してみて、上手く行かなければ電話してみよう。
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。