FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちに正直であること

2010/08/19 03:31 - | Comment:0 | Trackback:0
あなたにとっては、あまり楽しい思い出ではないだろうけれど
私は、当時のことを、今でもふと、思い出すことがある。

もう何年も前の話で、記憶はどんどん風化していくのだけれど。


 あなたと私は、おそらくタイプの違う人間だったにも関わらず
 不思議と、波長が合う気がした。

 マイペースで自己中心的な言動に、いらだつ事もあったけれど
 あなたとふざけているときは、心底楽しかったと思う。


 だから、あなたが意中の人に心を奪われ、深く沈んでいる様子を見ると
 つい、もどかしく思ってしまったものだ。

 こいつの心を返してほしい。 と、そう思った。

 「私は、ただ、こいつと、ふざけていたいだけなのかも知れない」と
 心のどこかで気づきながら。



あなたは、意中の人に心を奪われているにも関わらず、
私のことがすきだといった。

公衆の面前にも関わらず、あなたは私に抱きついたし
ねぇねぇ、と嬉しそうに物陰に隠れては、キスをしようとした。

そのとき、私たちが付き合っていたのかどうかは
もうはっきりと思い出せない。 ただ、あなたからあふれ出た
好きのかけらだけが、私の記憶に深く染み付いている。

あなたの「好き」という言葉は、おそらく嘘ではなかったと思う。
全身から、好きの気持ちがあふれ出ていた。
その点ではすごく正直で、うそのつけない人だった。


 私を好きだと言ったあなたは、
 その日、意中の人に会いに行くと言った。
 このチャンスを逃したら、一生会えないかもしれないから、と。
 
 私が、あなたにどんな言葉をかけたのか、よく思い出せない。
 あなたは結局、私のアパートを後にして、彼女に会いに行った。


こんな状況じゃ、信じられないかもしれないけど、
のっこが好きなのは本当だ、とあなたは言った。

私は、信じられない、と伝えた。
誰かを好きになる気持ちを抑えられないのは、仕方のないことと
頭では分かってた。けれど、どうしても腑に落ちなかった。


 
 今になって、こんな話をしようと思ったのは
 最近、あなたの気持ちが、少し分かるような気になったからだ。

 あなたが当時いったことは、確かに起こりうるのだということが
 実感として、分かるようになったからだ。


あなたが今の私をみたら、
きっと「自分の気持ちに正直になれ」と言いそうな気がする。
恋愛は、理性じゃなくて感情だから、と。

けれど私は、出来る事なら、大事な人には誠実でありたい。
そう願うにも関わらず、今の自分の状況は、どうしたものか。

ひとつ、気持ちに整理をつけたい。
そう願いながらも、にっちもさっちも、身動きが取れない。
スポンサーサイト

そんな目で見ないで

2010/08/14 02:34 - | Comment:0 | Trackback:0
例えば おでこ全開で髪を一つに結び上げた姿とか

切なげで、どこかセクシーな、感嘆の声とか

無意識にもれる、寝ぼけた寝言とか

眠たげな様子で話す、甘えた声とか

ちょっと、かっこつけてタバコを吸う姿とか

あなたがこんな姿を見せるのは

私があなたの、友達だから。

あるいは、まだ、友達ですらないと思うときも、あったりする。


私が、あなたを好きだと言ったら

君はどんな顔をするんだろう。

きっと、驚いて言葉を失ってしまうんだろう。

きっと「ごめん」とか「それは無理」とか言われてしまうんだろう。

別に、それでもかまわない。

想いに応えてくれなくなっていい。

むしろ、利用してくれたっていいんだ。


怖いのは、君と私の距離が、離れていってしまうこと。

今までの関係が、思い出が、壊れてしまうこと。

もう2度と、君が私を仲間として、見てくれなくなってしまうこと。


友達が無理なら、今までどおり、仲間でかまわない。

私だって、仲間を失ってしまうことほど、つらいものはないんだもの。

挑戦

2010/08/13 04:04 - | Comment:0 | Trackback:0
第二のふるさとに帰れることになりましたv
「忘れ咲き」が、忘れ咲きじゃなくなる可能性がw

 
 あの子の家に泊まらせてもらいました。

 ギリギリの切り詰めた生活、疲弊する精神と肉体、増えていく煙草。
 好意を抱かれている男性の話、好きな人の話。

 何だかもう、見ていて、目を背けたくなるようなことが多すぎて
 一緒にいたのに、すごく、しんどかったな、って思いの方が強かったです。

 でも、帰ってくると、やぱり、もう一度会いたくなる。
 抱きしめて、大丈夫だよ、って言ってあげたくなる。

 自分が一番、大丈夫じゃないのにw


もっと、金銭的に余裕があれば、と初めて思いました。
余裕がある時には、そんなこと思いもしなかった。

せめて、側で愚痴ぐらい、うまく聞いてあげられたらよかったのに。
自分のことで、いっぱいいっぱいで、何もしてあげられなかった↓
余裕のない小娘なんて、彼女にはいらんのです。

話も楽しくないし、器も小さいし、いいとこないな、自分(。、

どうか、今日も一人で泣いていませんように。
煙草の本数が、増えていませんように。

混ぜるな危険

2010/08/01 00:44 - | Comment:0 | Trackback:0
仕事上のやり場のない感情を、恋愛に向けるの、いくない。

恋愛でうまくいかなくなったとき、

バランスが取れなくなってしまうから。


相手の好み通りに、自分を改造しようとするの、いくない。

演じていられるのなんて、限られた期限だけなのだし

自分がない人には、魅力も備わっていないから。


周りに迷惑をかけないなら、多少、変だっていいじゃん。

空回りしたって、かっこ悪くたって、要領悪くたって

自分らしくなくなくなって、むなしさを抱え続けるよりいいじゃん。

思いやりと想像力さえ失わなければ

相手に好かれようとする必要なんてないんだから。


誰に認められなくたって、愛されなくたって

私が消えることなんてないんだから。


はみ出したって、心の中で馬鹿にされたっていいじゃん。

マイノリティだから、人目を気にして生きる必要なんて

きっとないんだから。



諦めちゃだめだ。 流されたらだめだ。

私自身を見失っちゃだめだ。


負けてたまるか。

きっと、まだ走れる。

 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。