FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せんせいへ

2010/06/25 02:49 - | Comment:0 | Trackback:0
せんせい、こんばんは。

その節はお忙しい中お時間を割いて頂き
本当にありがとうございました。

せんせいの顔を見た途端、
実は急に涙が出てきて、自分でも驚きました。
せんせいが、先に歩いてくれていてよかったw


 わざわざ、お時間をいただいたにも関わらず
 まとまらない話を、永延と聞かせてしまうことになり
 今になって少し反省しています。

 でも、正直なところ、何も考えていなかったのです。
 何を話せばいいのか、自分でもよく分からなかった。
 ただ会うことが出来れば、何かが動き出すような気がしていたのです。


そして気づきました。
私は、労働条件の劣悪さを伝えたかった訳ではなかったということに。

それは、仕事が上手く行かないということでも、
お金がたまらないということでもなかった。


 いい年して、こんなことを言ったら、呆れてしまうかもしれないですが
 自分の居場所が、アイデンティティが定まらないことが辛かったのです。

 上手く行かないのに、一生懸命になれない自分に、困惑していたのです。
 いつまでも逃げ腰な自分の、中途半端な態度が嫌だったのです。

 毎日、ただやり過ごすだけの日々に、不安と疑問を抱いていたのです。
 どうすれば、自分の仕事に自信を持って、
 前向きとはいかなくても、堂々と生きていけるのか。
 
 そのために、私はどうしたらいいのか、
 これから、どこに進んでいけばいいのか、
 そういった想いをぶつけたかったのだと思いました。


せんせいは、果たして、どう答えてくれたのでしょうか。
でも、生活していくには、最低限度収入が必要なのが現実だと
きっと、やわらかな口調で、伝えてくれたかも知れません。

やりがいを持って仕事をしている人って、多くはなくて
その中でも、小さな変化を見つけて、少しずつ自信をつけていくものだろうと
励ましてくれたでしょうか。


 最後に無理を聞いていただいて、
 引き止めてまでセクマイの話をした意味はあったのか、と自問したりしました。

 せんせいが、このような話をしても、個人的な感情を抜きにして
 しっかり受け止めてくださるだろうことは、実は始めから分かっていました。

 でも、急に当たり前のように話したら、驚くに違いないと思い
 「引かないでください」とお伝えしたのです。

 せんせいが、本心で気にしていないと思っているらしいことが分かり
 せんせいの人間に対する、認識の深さが伝わってきたような気がしました。

 性に関しては、試してみないと分からないと、ざっくばらんにお話くださるので
 頼もしいと感じる一方、問題は「性的関係が結べるかどうか」という
 身体的な問題に集約できるものなのか、抵抗があり、やはり上手く話せませんでした。


性への感受性は、その時々で変わるものだと、せんせいはそうおっしゃいましたし
私も、何か限定的で固定的なものと考えるのは、不自然だと、頭では思います。

でも、やはり、不安なのです。
自分の立場がはっきりしないことで、行動の整合性が取れないことは
自分の行動に対しての責任が持てないということであり、
それは、発言に対しても自信が持てないということだと思うのです。

誠実な行動というのは、相手と自分の間にある信頼関係に応えるという形で
成立するものだと思うのです。

私は考えすぎでしょうか。


  どちらにせよ、先に進まねばなりません。
  今度、お会いできることがあれば、是非いい報告がしたいですね。
 
  活躍なさっていて、お忙しい毎日をお過ごしだとのことで
  どうか、お体には十分気をつけて、
  これからもずっと私たちの頼れる理解者でいてくくださることを切に願います。

  ありがとうございました。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。