FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢日記60

2010/09/20 22:07 - | Comment:0 | Trackback:0
誰かに見つからず逃げなければならない。

広い屋敷にいて、床の下に、
人がかがんで入れるぐらいの隠しスペースがある。

ここならば大丈夫だと、私と男性は思う。
それもつかの間、前の会社の上役に見つかりそうになり
必死で走り、逃げる。

学校のような人気の少ない建物に、
配管をつたってよじ登るが、その時期には人が居ることを忘れていて、
中に居た子供達に見つかってしまう。皆がベランダごしに私を見る。

私の実家のわたしの部屋の窓から外に出て逃げようとすると
降りた草むらの中には、沢山の女学生がいて、そこで授業をうけていた。
入り込んでしまって、怪訝な顔をされてから、事態に気づき、
ばれないように言い訳をし、そこから逃げる。

上役も私を追って、外に出る。
そこで何故か、私は元いた屋敷の中によじ登ることが出来、
経路を立たれた上役は、そこで事態に気づき迂回して追いかけようとする。

また、隠しスペースに戻り、世話をしてくれた男性が、
この先に行くと、逃げることが出来ると教えてくれる。

「あなたは?」と聞くと、「私も上手くやって逃げる」というが
走って逃げる中で、どうしたって、上役に捕まれば言い逃れが出来ないのではないか
という不安が生じる。遠くに駅が見えるような気がした。


 何から逃げているのかや、一緒に逃げている人の関係、話の順番等は
 その時々で入れ替わり、順番もまちまち。

 逃がしてくれた、中年男性との関係がとても気になる。
 多分、前の会社に関係があったような。

 何かから逃げるイメージは、今までにも見たことがあったんだけど
 出てくる建物が共通している気もする。

 学校みたいな、大きな建物の配管をつたってよじ登るとか、
 従姉妹の家のはなれが、もう一つあるとか、はなれの建物自体が時代劇に出てくるような
 畳の部屋がどこまでも続いていくようなものに変わっていたりとか
 実家の自分の部屋(2階)の窓から、飛び降りてどこかに逃げるイメージとか

 何年かに1回、ぐらいのごく稀なものなんだけど、時々出てくる。


 そして、今回の何かから逃げる夢、
 ビックリして目が覚めたため、また寝なおしたんだけれども、何度寝なおしても
 違う設定で、やっぱり何かから逃げる夢だったw
 しかも微妙に続編みたいな。

 これは、逆にあまりないので珍しい気もする。
 寝なおすと全然別の話になっちゃうことが、普段だと多いんだけど。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。