FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶり

2011/03/21 00:24 - | Comment:0 | Trackback:0
震災後、お惣菜屋さんの行列に並んでいて、
本当に久しぶりに、ふと、あいつのことを思い出しました。

  
 あいつ、ちゃんと食べれてるんだろうか。


心配になって、数ヶ月ぶりに、あいつの家を訪ねてみたら、
開口一番「(学生時代お世話になった)先生の家に行くから!」とのこと。


 現在は、ご高齢で一人暮らしをしていらっしゃる私達の先生は、
 やはり今回の震災で、不安な思いをなさっていた様子。

 「一人暮らしで怖いから、今日は泊まらせてください」と
 既に申し出ていたらしい彼女。何も考えていない浅はかな自分←


次の日、布団運ぶのを手伝うはずが、もう朝ご飯の準備してあるしw
「彼女がちゃきちゃき動くので、あっという間だった」という先生。

「味噌汁の具は彼女が決めたのよ」と言ってすすめられた味噌汁が
 超美味くて、素直に感動。 薄味なのが彼女らしくて、嬉しくなった。


自分の所は電気も水道も復旧しないので、
風呂を貸してもらいに行ったら、以前に増して、家の中カオスw
 
いや、これ、震災のせいじゃないよね、大丈夫、知ってるw
慌てて色々取り繕うとするので、可愛すぎて鼻血でそう← 
 

話を聞いたら、電話、お金払ってなくて、この前まで止まってたとか言うし。
マジ、ホントやめてくれw 音信不通とか、本気で心配してしまう。


 このまま、こいつ、消えちゃうんじゃないだろうか。


先生の「ほら、彼女細いから、起きたときいないのかと思ったわ」って言葉が
やけに心に響いてしまう。

「私普段から食べなくても平気だから」とか言うくせに、
「朝、我慢できなくて(のっこの買ってきた)トッポ食べちゃった」
とか照れながら言うもんだから、もう可愛すぎて、涙出そうになる。


  彼女は、引っ越すか、もしかしたら実家に帰るかも知れないと言う。


 それもいいかもしれない。むしろ、早く、そうした方がいいように思う。
 会えなくなるけど、もともと、諦めるはずだったんだから、いいんだと思う。


 でも、会ってみて、やっぱり好きなんだと思った。
 叶わないと分かってても、私はやっぱり彼女が好きなんだと思った。

 伝えたら、避けられちゃうだろうか。いや、最初から頻繁に会ってないけどw

 彼女がもし、実家に帰ることになったら
 その前に、私、ちゃんと好きだったって言えるだろうか。

そもそも、私、他の人好きになったんじゃなかったのか?
 自分で、自分の感情に、いちいち混乱してしまう。
 友達のままが、相手にも迷惑かけないで済むはずなのに、困ったなぁ。。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。